栗原はるみさんのふわふわパン

昨夜眠りについたのは12時頃だったのに2時には目が覚めてしまい
なかなか眠れません。
仕方ないので3時頃から大根と豚ばら肉のべっこう煮を作り
4時頃からまた就寝。
再び起きたのは7時。それから栗原はるみさんのふわふわパンを
作りました。

ずいぶん昔にこのレシピをメモしていたのですが
やっと作れました!

薄力粉、強力粉の2種類の粉
バターや卵や牛乳も入るので柔らかな生地。

それでもお菓子作りのように「粉をふるう」という作業がないので
ずいぶん簡単で1ボールで作ることが出来

ちぎって断面を見るとブリオッシュのような生地。

ブリオッシュは作ったことありませんがこんな作り方、配合なのかもしれませんね。

味もとっても美味しくて。

さすがのはるみ先生レシピです。


a0332190_1413614.jpg
a0332190_14135325.jpg



先週の土曜の午前中は冷凍しておいたクッキー生地を焼いて
バナナパウンドケーキもつくりました。

大成功に思えた焼き上がりだったのですが
これを撮った後にずいぶんしぼんだので
おかしいなとは思っていましたが・・・

翌日ナイフで切って断面を見て
「バナナの分量、多すぎた!」とすぐに
判るくらい目が詰まってました。

よくよくレシピを見ると1本。
熟したバナナが3本あって黒い部分を捨てましたが
それでも実質2本分位入れてます。

失敗作は、人には食べさせたくないので
一人で少しずつ食べました^^;
a0332190_14145375.jpg


この日の夜は、妹、姪、甥 計6人で
とんかつのチェーン店へ。

2歳9か月の姪がいるので完全個室の畳のお部屋は嬉しかった♪
a0332190_14154169.jpg
a0332190_1416458.jpg



NOさんが13時半頃にやってきて
とあるお店でランチを!と言います。

ジャンルは言えませんがTVにも何度もでており
福岡佐賀のミシュランガイドにも載ったことがあり
食べログなどでも評価の高いお店なので

「ちゃんと予約した方がいいよ!」と返事し

NOさんお店にTEL

「14時半までにはならないと思います」

それを聞いたとき嫌な予感がしてました。
なぜなら私の運転だと1時間強はかかるところだったので

案の定、お店の駐車場に着いたら14:35。5分の遅刻。

お店の前の庭で植物に水を撒いてる女性が
「終了しましたよ」

NOさん「予約していた者ですが」

女性「過ぎても来られないのでもう終わらせましたよ」

NOさん「14時半だったのですが・・・」

女性「だからもう過ぎてるでしょ」

厳しい口調だったので私は車に引き返そうと思ってましたが
結局、店内へ。

大将はとても柔和な方だったので、少し安心しましたが
待ってる間も、私の真後ろで女性とお客様が親しげに
喋られるので、正直とても居心地が悪かったです。

お味のほうは、好みではありませんでした。
こだわりがあり、クオリティは高いと思いますが
万人受けするものではないだけです。

人気店に行くのに行き当たりばったりの私たちの性格が
災いを招いたようなランチでした。


a0332190_14184479.jpg
a0332190_14195698.jpg

帰りはスーパー林道の狭い道路を抜けて帰り
a0332190_14205083.jpg



初サンマが出ていましたので
晩御飯はサンマの塩焼き。
まだ脂はのってませんが美味しかったです♪
a0332190_1514452.jpg

[PR]
by cookie2015 | 2015-08-29 15:04 | 日々 | Comments(7)
Commented by IKU at 2015-09-02 13:00 x
ふわふわパン
美味しそうですねェ(^^♪
最近、自宅の近くで美味しいパン屋さんを見つけたので
週一くらいで朝食がパンになりました(^^ゞ
こんな素敵なパンが自分で焼けたら好いでしょうね。
Commented by フォルナリーナ at 2015-09-02 20:36 x
はじめまして。
福岡の60歳のフォルナリーナと申します。たまに拝見させて頂いております。
お忙しいのに、本当に丁寧にお暮らしですね!!

美味しそうなふわふわパンのルセット、サイトで拝見いたしました。細かいことは省いていらして、こね上げた生地温などにはふれてないのですね。パンの講師資格(フランス菓子も習いました)を取得したりしていたので、一番大切な生地温はと〜〜っても気になります。(笑)

夏場で生地温が高すぎると、パサパサになったりしますよね。

ところで、もっと気になるのは今回のお店です。まったく想像がつかないのですが・・・(汗)、残念でしたね。
深川製磁のお皿は逆さまで使用してあるし(これは自由ですが)、さんまちゃんの頭は左右逆ですし・・・。評価されてあるプロとして、いかがなのでしょうか。。。ね。

左にご飯、右は汁物、右奥に焼き物、左奥に煮物、中央に香の物などと(刺身などがあると変化はするけれど)、小難しい決まりがある和食ですが、自由にしてあるようですね。もちろん、自宅では自由ですが・・。何をもって、評価の対象になってあるのでしょうね。

初めてなのに、長くなってごめんなさい。また、おじゃまさせてください。よろしくお願いいたします。
Commented by フォルナリーナ at 2015-09-02 20:50 x
あ〜〜〜〜ッ!!!!!
ごめんなさい!!!!!
さんまちゃん、夕飯だったんですね!!

本当に本当に、慌て者で・・・ごめんなさい!!!!!
Commented by cookie2015 at 2015-09-03 20:40
IKU様、こんばんは。
自宅近くにお気に入りのパン屋さんを発見されたなんて
いいですね!

IKU様はパンというイメージがあまりないので
気になります^^
いつかブログに登場させてください^^
Commented by cookie2015 at 2015-09-03 20:52
フォルナリーナさん、こんばんは。
コメント有難うございます^^

本格的に作ってるわけでないので生地温は不明なのです。
ぬるま湯は40度にならないひと肌程度のものを入れています。

チョコレートを作る過程で温度計で測りながら・・・という作業を
雑誌で見たことあったのですが、パンでも同じようなことを
されるのでしょうか。
フォルナリーナさんは資格取得までされてて凄いですね。
きっと美味しいのでしょう^^

お店は良いことをのせてなかったので
店名はのせなかったのです。

一瞬、???と思いましたが
そうです。晩御飯です(笑)

私、ちゃんとした知識が広い範囲で無いので
身に付いてる方は本当に尊敬します。
なので、いろいろ教えてください^^
Commented by フォルナリーナ at 2015-09-22 13:50 x
こんにちは。
おやさしいコメント、ありがとうございます!!!!!(涙)
こころより、御礼申し上げます!!!!!

ところで、パンはすっかり焼かなくなったので、古い知識だけになっています。ごめんなさい!!
パンの生地温ですが、専用のパンメーター(適温の27〜30℃ のところに色がついている)や、デジタル温度計など、温度がパッとでる器具を使います。一般的な温度計でも十分ですが、時間がかかりますしね。

機械で捏ねるか手捏ねかで、水温は違います。気温に合わせて水温を決め、こね上がり温度を調節しますから、季節で全然違います。一概に言えませんが、食パンは、捏ね上がり温度が27℃ を超えると理想のものができないと習いました。菓子パン用生地などは29℃ までが理想です。

若い頃は(何十年前?・笑)よい本がなく、書いてある通り夏も40℃ ほどのお湯でこねていました。イースト臭くても原因が分からず、四苦八苦したものです。クッキーにしても、本の通りすれば気温の高い日も出来るものだと思い・・・デレデレになるのは下手なんだと思っていました〜。(笑) 検索すればある程度は原因がわかる、よい時代になりました。(笑)

では、これからも楽しみにいたしますので、どうぞよろしくお願いいたします。


Commented by cookie2015 at 2015-09-24 20:56
フォルナリーナさん、こんばんは。
パンつくりは温度調節が難しいのですね。

確かに、レシピにのってる40℃のお湯でこねてます。
今は原因を検索すれば、すぐに答えがでてきますね^^

こちらこそよろしくお願い致します。
<< 喫茶 アン ポルケッタ >>